★ミシンを踏んで龍を呼ぶ!

ミシン踏んで龍を呼ぼうと考えています。

(追記あり)唖然とする言葉

昨日のセッションの時

あるラインの やり取りの 文章を 見せてもらった。

その 文書を見て 唖然!とした。

こういった言葉が 二十歳の人が 四十代の目上の人に対する ものなのか  と。

★ 

この国は どこか間違ってしまったようだ。

親や 叔母さんや 先生や 先輩や 年配者や   に対し どのような言葉で接したらいいのかが 分からなくなってしまったのか。

 

しかし その若い人が悪いとは 一方的にはいえない。

なぜなれば それが 育てた結果であり鏡であるからである。

甘やかすだけ甘やかせた結果であるからである。

 

勿論 育てたのは 親と その周辺である。(どこまでを周辺と言ったらいいのかは分からない)

必要な怒の時に 怒を表すことさえもできなくなってしまったのであろう。

 

要するに 子を叱ることもできない

 

まさに あめりかさんの思うツボである。

このようなありさまだから 日本という国の 先は 明るいとはいえないだろう。

 

言葉使いを見れば ある程度分かる。

親に使っている言葉 叔母さんに使っている言葉 ・・・その言葉に疑問すらない・・・ いったい全体・・・ 開いた口がふさがらない。

 

秋田島では 甘やかして子を威張らせてしまったようである。

私の感想

日本全国の中でも 秋田島の コミュニケーションと言葉使いは 本当に低レベルであると思う。

それらが 八郎湖の干拓 病気トップクラス 自殺トップクラス 人口減トップそのもの に連動していると感じる。

 

 

しかし 一筋の希望=見方を変えれば 底辺であるからこそ=闇が深いから そこから 覚醒する者が現れるともいえるのだが・・・。

闇の中だから光がわかるのである。

 

それには 条件があって 親や叔母さんや叔父さんや ・・・が もっと強くあらねばならないというのは 言うまでもない。

 

(追記)

昨日のlineのやり取りは 当然 胡四王さまも 見られている。

だから

赤いスカイラインが 今日 再び姿を見せたのかもしれない。